2023年8月6日(日)

「NHK交響楽団」の裏側に潜入!
初めてのオーケストラ体験

イベントレポート NHK交響楽団

2023年8月6日(日)、「NHK交響楽団」にご協力いただき、抽選で当選した子どもたちをご招待して、プレミアムな体験イベントを開催しました。

目次

至近距離で"プロの音"にふれる、学ぶ

NHK交響楽団は、毎年夏休みに、クラシックの名曲を集めて子どもと大人がともに楽しめるコンサートを開催しています。ドコモ未来フィールドでは、子どもたちが気軽にプロのオーケストラの音楽にふれることのできる「夏だ!祭りだ!!N響ほっとコンサート」で、オーケストラの舞台裏まで潜入してしまうスペシャルな体験イベントを開催しました。

コンサート当日、一般開場前のN H Kホールにドキドキしながら入場しました。開場前のホールは、なんだか厳かな雰囲気、緊張感も感じられます。子どもたちは、少し緊張している様子です。

最初の特別プログラムは、「演奏家の方とのふれあい」タイムです。
なんと、この後のコンサートで実際に演奏される、NHK交響楽団の「ヴァイオリン」、「コントラバス」、「フルート」奏者の方が、子どもたちの待つラウンジへ楽器を持って登場してくれました。
間近で初めて見る楽器に、目を奪われる子どもたち。コントラバスの大きさに驚いて、嬉しそうにお母さんを振り返る姿も見られました。

N響楽員の方から、ご自身の楽器について説明いただきました。さらに、コンサートでもなかなか味わえない非常に近い距離での迫力ある生演奏まで!綺麗な音色で有名アニメの主題歌などを演奏してくださり、子どもたちの緊張もほどけたようで笑顔も見られました。

生演奏の後は、質問タイム。憧れのN響楽員の方に、子どもたちから「音楽を始めたきっかけ」や「プロの演奏家になるにはどれくらい練習したらいいのか」などの質問がされました。他にも演奏中のトラブルエピソードや練習時間など、貴重なお話に子どもたちは興味津々でした。

感激の国民的番組で使われるステージから見る景色

「演奏家の方とのふれあい」体験後は、NHK交響楽団のスタッフの方の先導で、N響楽員の方や指揮者の方が使うバックヤード・ステージ見学も行いました。本番前の音の調整などで、楽器の音が響き渡っているので、説明が聞こえるようにインカムをご用意いただきました。耳元に目の前で話す人の声が届く体験も、子どもたちにとっては楽しそう。わくわくした雰囲気でいざ、ステージ裏に向かいます。

楽器が置いてある関係者だけが通れるバックヤードを抜けて、ついにNHKホールのステージ上へ!

ステージ上では、スタッフの方に「練習中の曲はなにかな?」など楽しいクイズを出していただきながら、オーケストラについて学びました。
ステージの上から見る観客席は、3階まで広がる3,400の座席。プロが普段見ている視点からの光景に、無言で見つめる目はしっかりと記憶に刻んでいるようでした。
NHK交響楽団の方々、貴重な本番前のお時間に、ご協力いただきありがとうございました!

いざ、初めてのオーケストラ体験へ

当日は、楽器体験も開催されていました。「演奏家の方とのふれあいでコントラバスが印象的で弾いてみたけど難しかった」「自分より大きいサイズのハープは重たかったけど面白かった」などの声があり貴重な体験ができたようでした。

そして、いよいよ「夏だ!祭りだ!!N響ほっとコンサート」が開演。夏に合わせた日本や世界の曲を力強いオーケストラの演奏で聴きました。プロの音の綺麗さと迫力を実感した子どもたちが多かったようです。「おかあさんといっしょ」で“うたのおねえさん”をされた、小野あつこさんにより会場は大盛り上がり!笑い声も聞こえてくる楽しいコンサートとなりました。

演奏後は、特別に楽器搬出の様子も見学させていただきました。コンサートの裏側で、演奏家の方だけではなくさまざまな人が関わっていることが感じられた機会となりました。
プロの演奏家やスタッフの方、実際の楽器にふれて音楽の奥深さ、プロの方のすごさを感じられた1日となりました。